南新宿クリニック 耳鼻科・小児科

土日も診療。子育て中のお父さん、お母さんをも含めてサポートできる耳鼻科・小児科 南新宿クリニック。

乳児湿疹

乳児湿疹

 赤ちゃんの肌はとても薄いです。また、生後まもなくから2~3ヶ月ごろまでは、ホルモンの影響で皮膚から脂がたくさん染み出てきます。放っておくと、よごれがすぐ肌にたまり、これが皮膚のトラブルのもとになります。また、赤ちゃんは汗の出てくる腺の密度が高く基礎代謝が活発なため、汗っかきです。
 そのため、赤ちゃんは、皮膚のトラブルが起こりやすく、生後間もない新生児から生後半年くらいまでは原因が混在して特定しにくいため、「乳児湿疹」 とまとめて呼びます。

以下は代表的な原因です。

  • ① 脂漏性湿疹
     分泌された皮脂と頭の汚れが混ざって固まって出来ます。赤ちゃんのおでこやまゆ毛、髪の生え際などに現れる黄色いかさぶた状の湿疹です。この脂を落とすには、お湯だけでは無理で、石鹸やシャンプーを使います。お風呂の前に、ベビーオイルやオリーブオイルをたっぷり塗ってふやかしてから洗うとよく取れます。時間とともに少なくなるので、無理やり剥がすのは避けましょう。
     赤みが強かったり、痒がるときは小児科で相談してください。

  • ② ざそう(にきび)
     生後1週間から3ヶ月頃の赤ちゃんにできるニキビのことです。思春期のニキビと同じように、ほほやおでこにブツブツができます。赤く腫れたりしていなければ、特に治療は必要なく、ほとんどの場合は自然に消えていきます。

  • ③ 汗疹(あせも)
     体表面積が少ない赤ちゃんの汗が出る穴は密集しているため、少しの汗でも体全体が汗まみれのようになります。しかも大人と比べて新陳代謝が盛んなため、大人の倍近く汗をかくとされています。
     顔や首・あごの下・背中なの汗の多い部分によくできます。寒い冬でも、厚着をすれば起こります。大人では適温でも赤ちゃんにとっては少し暑く感じることは多いです。
     こまめな着替えや入浴、保湿が大切です。痒みがつよい場合は皮膚の炎症を鎮めるお薬が効果的です。

  • 他にも「よだれかぶれ」「おむつかぶれ」などがあります。
    また、左右対称に頭や顔から始まり体幹・四肢へ広がるかゆみを伴う湿疹が、2ヶ月以上続く場合はアトピー性皮膚炎と診断されることがあります。

ページの先頭へ戻る


編著:副院長 木村絢子