おたふくかぜ 南新宿クリニック 耳鼻科・小児科

土日も診療。子育て中のお父さん、お母さんをも含めてサポートできる耳鼻科・小児科 南新宿クリニック。

おたふくかぜ

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

どんな病気

 耳の下(耳下腺)やあごの下(顎下腺)がはれていたがります。

 乳幼児に多く見られる夏風邪の代表的なウイルス性の感染症です。ウイルスの型がいくつかあるので、何度もかかってしまうこともあります。まれに大人も発症します。主に便を介した接触感染と、ツバから感染する飛沫感染によって感染します。潜伏期間は2~4日です。
たいてい左右とも腫れますが、片側だけのこともあります。腫れは1~3日でピークになり、1週間ほどでひきます。熱は3~4日でおちつきます。
 原因となるのはムンプスウイルスで、ウイルスを持つ人との接触やくしゃみによる飛沫を浴びることなどで感染します。年間を通して感染する可能性がありますが、春夏は保育園や幼稚園での集団感染によって流行しやすいといわれています。潜伏期間は2〜3週間です。

ページの先頭へ戻る

治療は

 現時点ではおたふく風邪に効果的な特効薬・治療法はありませんが、ほとんどの場合1~2週間で自然に完治します。発熱や痛みには、解熱鎮痛剤などを用いて症状を和らげる対症療法を行います。痛い時は冷やしたり冷湿布もよいでしょう。

ページの先頭へ戻る

早めにまた受診したほうがいいとき

① 頭痛が強く、何度も吐くとき

② 1週間たっても腫れがひかないとき

③ 熱が5日以上続くとき

③ 耳の下の腫れが赤くなったとき

③ 睾丸をいたがるとき

③ 耳が聞こえにくくなったとき

ページの先頭へ戻る

外出や登園について

 腫れている間は他の子にうつります。腫れてから少なくとも5日間は休ませましょう。

ページの先頭へ戻る

予防は

 予防するにはワクチン接種が有効で、現在国内では、おたふくかぜワクチンの接種は任意接種で1歳以降に接種することができ、2回目は年長時に勧められています。おたふくかぜワクチンは、まれに唾液腺の腫れ・無菌性髄膜炎などの副反応を起こすことがありますが、その頻度はおたふくかぜに感染して起こる症状・合併症と比較してかなり低いことがわかっています。

ページの先頭へ戻る

家庭では

① 食べ物:すっぱいものや、よくかまなくてはいけない食べ物は控えましょう。 牛乳や味噌汁、ポタージュスープ、プリン、ゼリー、おかゆ、とうふ、グラタンなどがよいでしょう。

② 入浴:高い熱のあるときや痛みが強いとき以外はかまいません。

ページの先頭へ戻る

編著 副院長 木村絢子