ヘルパンギーナ 渋谷区 南宿クリニック 耳鼻科・小児科

土日も診療。子育て中のお父さん、お母さんをも含めてサポートできる耳鼻科・小児科 南新宿クリニック。

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナ

どんな病気

 38~40℃の高い熱が2~3日続き、のどの奥に小さな水ぶくれができる病気です。のどが痛いため、食べられなくなります。ひどいときは水分も取れなくなり、脱水症になることがあります。

 乳幼児に多く見られる夏風邪の代表的なウイルス性の感染症です。ウイルスの型がいくつかあるので、何度もかかってしまうこともあります。まれに大人も発症します。主に便を介した接触感染と、ツバから感染する飛沫感染によって感染します。潜伏期間は2~4日です。

ページの先頭へ戻る

治療

  特別な治療はありません。安静にして自然に回復するのを待ちます。  水分:こまめに水分補給をしましょう。すっぱい果物のジュースなどはしみて飲みにくいことが多いです。
 食べ物:口の中が痛いときは噛まずに飲み込めるものや、しみないものを与えましょう。
  冷めたおじや、豆腐、冷めたグラタン、プリン、ゼリー、アイスクリームなどは食べやすいです。
 入浴:熱がなくなって元気になったら入って良いです。

ページの先頭へ戻る

早めにまた受診したほうがいいとき

① 口の中が痛くて水分をあまり飲まないとき。

② 高い熱が3日以上続くとき

③ 元気がなく、ぐったりしているとき

ページの先頭へ戻る

外出や登園について

 症状がおさまったあとも長い間、便からウイルスが排泄されるため、発病した人だけを隔離してもあまり意味がありません。

 外出は、熱がなくなって元気になればよいでしょう。熱や痛みのつらさがなく、ふだんどおりに食事がとれれば保育園に登園しても問題ありませんが、それぞれの通園している園の決まりに従ってください。

ページの先頭へ戻る

予防は

 症状がなくなったあとも、2~4週間程は便の中に排泄されています。

 そのため、一般的な予防や対策として、十分な手洗いと、感染中・感染後しばらくの間の排泄物は適切に処理をしましょう。

ページの先頭へ戻る

編著 副院長 木村絢子