鼻水 子どもの症状 渋谷区 南新宿クリニック 耳鼻科・小児科

土日も診療。子育て中のお父さん、お母さんをも含めてサポートできる耳鼻科・小児科 南新宿クリニック。

鼻水

鼻水

鼻水・鼻づまりについて

 鼻水は、外から鼻腔内にウイルスや細菌などの異物が入ってきたときに、それを追い出すために出ます。また、子どもは大人よりも鼻腔が狭いため、少しの鼻水でも鼻がつまりやすくなってしまいます。
 軽い風邪に伴う鼻汁であれば、自然に良くなるため対症療法で十分ですが、鼻がつまると口呼吸になったり、鼻水がのどにたまって咳やたんが出て苦しくなります。このような状態が続くと、中耳炎や副鼻腔炎、気管支炎など合併症を起こすおそれもありますので、早めに気づいて適切な治療をすることが大切です。

ページの先頭へ戻る

家庭での対処

①鼻水をかむ、吸い取る
②お風呂などの暖かく湿った空気を吸ったり、鼻をホットタオルなどで温めると鼻の通りが良くなるといわれています。

ページの先頭へ戻る

病院へ行くタイミング

 特に、2歳くらいまでのお子さんの場合は、鼻の構造が未熟なために鼻水や鼻-+づまりになることはよくあります。お子さんの機嫌が良ければあわてて受診しなくても大丈夫ですが、以下の場合は早めの受診をおすすめしております。

①食事量低下、ミルクが吸いづらい
②鼻づまりや鼻水で眠れない
③咳や発熱など他の症状を伴う
④耳を触る、痛がる
⑤2週間以上症状が続いている。

ページの先頭へ戻る

鼻水でオンライン診療ご希望の方へ

簡単な全身状態の評価を行い、アドバイスを行います。必要があれば処方も行います。

指示に従うことが可能な方は咽頭の評価を行うことがありますので、懐中電灯🔦があればご用意下さい。

検査や書類記載は行うことが出来ません。

限られた情報で判断を行うことになることをご了承下さい。
医師が必要と判断した場合は直接来院していただくようお願い申し上げます。
(その日のうちに来院をお願いする場合があります。)

水分が摂取出来ていて元気があっても、以下の場合は直接受診をお願いしております ① 咳も多い場合
② 黄色~緑色の鼻水
③ 耳が痛い場合、おでこや頬が痛い場合
④ 0歳児
⑤ その他、医師が必要と判断した場合。


ページの先頭へ戻る

編著 副院長 木村絢子