南新宿クリニック 耳鼻科・小児科

土日も診療。子育て中のお父さん、お母さんをも含めてサポートできる耳鼻科・小児科 南新宿クリニック。

急性中耳炎

急性中耳炎

急性中耳炎とは

 

 耳は外から耳の穴から鼓膜までの外耳道、鼓膜でキャッチした音の振動を増幅させる中耳、 音を脳につなげる内耳の 3 つに分かれます。このうち、細菌などが原因で中耳に炎症が起 きて、鼓膜が赤くはれ、中耳に膿や水がたまった状態になる病気を指します。

ページの先頭へ戻る

急性中耳炎の症状

主な症状は、
・耳の痛み ・耳のかゆみ
・声や音が聞こえにくくなる
・耳だれ
・発熱
などです。
風邪をひいた後などに、これらの症状が見られることが多いです。

ページの先頭へ戻る

急性中耳炎の原因

 

 中耳は鼻とつながっているため、風邪を引いた時や鼻をすすり過ぎた時などに細菌が中耳 に辿りつくことで炎症を起こすことが原因です。一般に言われるような、耳から水が入って 中耳炎になるということはほとんどなく、鼻を伝っての細菌感染が多くのケースに当ては まります。お子さまの場合、鼻と中耳をつなぐ耳管が水平に近いため特に発症しやすく、3歳以下のお子さんの70~80%は一度はかかります。大人になるにつれて、耳管に角度がついてくるので発症しにくくなります。

ページの先頭へ戻る

急性中耳炎の治療

 細菌への感染が原因となるため、抗生物質を使用したり、炎症を抑える薬や解熱薬を服用 して治療していきます。
 症状がひどい場合には、鼓膜に小さな穴をあけて溜まっている膿や滲出液を出して治療 することもあります。鼓膜に穴をあけるというと驚かれるかもしれませんが、数日経つと自 然と穴は塞がっていきます。

ページの先頭へ戻る

気を付けていただきたいこと

 耳の痛みが無くなったからといって、完治したとご自身で判断することは控えて下さい。 鼻水が多い場合は治りが遅いこともあり、急性中耳炎を繰り返していると滲出性中耳炎に 移行することもあります。鼻水が続いている場合には、鼻水をかんだり、吸い出したりして すすらないようにしましょう。また、中耳の状態をご家庭で確認することは難しいため、専用の機器を使って正しく状態を把握することが大切です。
 お風呂に入ったり、プールに入ったりすることは特に問題ありませんが、鼓膜に穴をあけ る手術をした後や、発熱がある場合は控えるようにしてください。

ページの先頭へ戻る



監修:院長 木村暁弘