南新宿クリニック 耳鼻科・小児科

土日も診療。子育て中のお父さん、お母さんをも含めてサポートできる耳鼻科・小児科 南新宿クリニック。

風疹

風疹

どんな病気

 感染してから2~3週間後に、赤くて小さな発疹が体中に出ます。風疹の症状として、全身のだるさ、倦怠感(けんたいかん)、発熱、関節痛、首のリンパ節の腫れなどがあります。熱は全くでない子から、3日間高熱が出る子まで様々ですが、首のリンパ節の中でも、特に耳の後ろや後頭部のものが腫れるのが特徴です。また経過中に、皮膚に発疹がでることがあります。発疹は、数日から1週間の経過で痕を残すことなく消えることがほとんどです。「3日はしか」ともいわれますが、はしかとは違います。合併症としては関節痛や関節炎が多く、まれに血小板減少性紫斑病や脳炎を起こすことがあります。

ページの先頭へ戻る

治療

 ウィルスによる感染症のため、対症療法が中心です。脱水にならないよう水分補給を行います。頭痛や関節痛、発熱がみられるときには解熱薬や痛み止めを、かゆみが強い時にはかゆみ止めを処方します。

ページの先頭へ戻る

家庭で気をつけること

熱がなくて元気であれば、食事等はいつもと同じ生活で構いませんが、発疹が消えるまでは必ず家の中にいてください。

ページの先頭へ戻る

早めにまた受診したほうがいいとき

① ぐったりしていて元気がないとき
② 熱が3日以上続くとき

ページの先頭へ戻る

外出や登園について

熱がなく、発疹がすべて消えたら行けます。学校保健法の第2種感染症に指定されているため、登園・登校するには医師の診察をお受けください。

ページの先頭へ戻る

妊婦に近づかないで!

妊娠初期に風疹にかかると、生まれてくる赤ちゃんの目や耳や心臓に障害を来すこと(先天性風疹症候群)があります。風疹の子を妊婦や妊娠しているかもしれない人に近づけてはいけません。妊婦が風疹にかかったかもしれないと心配になった場合には、産科の先生に相談しましょう。

ページの先頭へ戻る

予防接種で予防しましょう。

予防接種による予防が有効です。日本では1歳と年長の時にワクチンの接種が行われています。また、先天性風疹症候群を予防するためには、女性だけでなく、パートナーの男性も十分に免疫があるかどうか確認することが大切です。抗体があるかどうかは、血液検査で簡単に調べることができます。
 特に昭和37年度~昭和53年度生まれの男性は、過去に公的に予防接種が行われていなかったため、感染リスクが高いとされています。現在は無料で抗体検査が受けられ抗体価の低い方は無料で予防接種が受けられますので(2020年6月現在)お住まいの区市町村にお尋ねください。
 また、上記に該当しなくても、渋谷区にお住まいの19歳以上の方で、妊娠を考えている方とそのパートナー・妊婦の同居者は、区の助成で無料で抗体検査を受けられ、抗体価が低い方は無料で予防接種が受けられます。(2020年6月現在)当院では渋谷区の助成が受けられますので、ご希望の方はお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る