南新宿クリニック 耳鼻科・小児科

土日も診療。子育て中のお父さん、お母さんをも含めてサポートできる耳鼻科・小児科 南新宿クリニック。

便秘症

便秘

便秘について

どんな病気

 便が出るのが週に2回以下や、5日以上出ない日が続けば便秘と考えます。毎日出ていても、出す時に痛がってない たり、肛門がきれて血が出るような場合も便秘です。

 便秘症は、放置しておくとだんだん悪くなることが多い病気です。直腸は柔らかく伸びる性質があります。ここに便がたまると、直腸が伸びきって便が届いている刺激を感じなくなり、便秘となります。また、硬い便を出して肛門が切れ、痛い思いをすると、次の排便を我 慢してしまうようになります。怖がってうんちをしなくなり、便秘になるきっかけ、長引くきっかけになります。 小さい時の軽い便秘を放置すると、その後の長い期間の便秘に繋がります。

ページの先頭へ戻る

治療

 治療によって便を柔らかく保ち、お子さんが「便をする とすっきりする」ことを体験し、いつも直腸にたまりすぎないようにしていれば、 悪循環をたちきることができます。

 まず、腸に溜まった便は、浣腸または飲み薬で出します。蓋となっている腸の出口付近の便が出るだけでも腸の動きが改善されることもあります。  排便を維持するためには、①生活習慣や排便習慣の改善、②食事療法、③薬物療法による治療が大切です。

① 生活習慣・排便習慣:早寝早起き規則正しい生活を心がけましょう。適度な運動も腸を動かすと言われています。ゆとりのある時間にトイレに行けるようにすることも大事です。
② 食事療法:水分や食物繊維を多く摂取するようにします。野菜 、海藻 、果物、芋類、豆類などはおすすめです。

ページの先頭へ戻る