ワクチン接種のルールが2020年10月から変わります。生後2ヶ月健診を無料で行っております。

土日も診療。子育て中のお父さん、お母さんをも含めてサポートできる耳鼻科・小児科 南新宿クリニック。

ワクチン接種のルールが2020年10月から変わります。生後2ヶ月健診を無料で行っております。

2020-08-26

 

ロタウイルスワクチンの定期接種化、予防接種の接種間隔変更のお知らせ

 

①ロタウィルスワクチンが定期接種化されます。

【ロタウィルスワクチンとは】

 ロタウィルスワクチンとは、乳児期にかかると重症化しやすいロタウィルス胃腸炎を予防する、生後6週から接種できる経口生ワクチンです。今までは任意接種でしたが、公費で受けることのできる定期予防接種に変更となります。

 

【対象者と開始時期】

 2020年8月以降生まれのお子様が、2020年10月以降に接種した場合に対象となります。23区内にお住いであれば無料で受けることができますので、当院は渋谷区に所在しておりますが、例えば新宿区の方も無料で受けられます。

 ロタウィルスワクチン自体は生後6週から接種できますが、2020年9月までは自費負担となりますのでご注意ください。

 2020年7月31日生まれまでのお子様は、例え2020年10月以降に接種したとしても対象となりませんので、生後2ヶ月になったらすぐに接種しましょう。渋谷区にお住いの方は1回8500円を2回まで助成があります。

 

【対象時期になったら早めに接種しましょう】

 ロタウィルスワクチンは有効性が高く安全なワクチンですが、接種時期が遅くなると腸重積という病気の発生率が上がると言われております。適切な時期に接種するようにしましょう。

 

②予防接種の接種間隔が変わります。

【今までのルール】

 次の異なるワクチンを受けるとき、生ワクチンを接種した後は4週間、不活化ワクチンを接種した場合は1週間あける必要がありました。

 

【新たなルール】

 上記のルールが無くなり、異なるワクチンであればほとんどの場合、接種間隔を気にする必要がなくなりました。

 注射生ワクチン(麻疹風疹ワクチン、水痘ワクチン、おたふくかぜワクチン、BCGワクチン等)を接種した後に注射生ワクチンを接種するときだけ4週間あける必要があります。

(第37回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会予防接種基本方針部会 2020(令和2)年1月27日 資料1から引用)

同じワクチン同士の間隔は変更ありませんので、大まかな予防接種のスケジュールは大きく変わりませんが、例えば下記のようなことが可能となります。

・ロタウィルスワクチン(経口生ワクチン)を接種した後も、4週間待たずに次の異なる予防接種を受けることができます。

 ロタウィルスワクチンを生後6週すぐに接種しても、肺炎球菌、ヒブ、B型肝炎ワクチンを生後2ヶ月から接種することができます。ロタウィルスワクチンの免疫をより早く付けたい場合には可能です。

 尚、当院では少ない受診回数で効率よく接種できるよう、生後2ヶ月にロタ・肺炎球菌・ヒブ・B型肝炎ワクチンの同時接種をお勧めしておりますが、ご希望があればご相談ください。

 

・1歳のワクチンを、より早く免疫をつけられるようになります。

 今までは1歳のお誕生日にMRワクチン、水痘ワクチン、おたふくかぜワクチンを接種した後に、肺炎球菌、ヒブ、4種混合などの他の不活化ワクチンを受けるまで4週間あける必要がありました。

 ルール変更後は、最短翌日に受けることも可能です。もちろん従来通り希望の方は6本同時接種も可能です。ご希望がございましたらご相談ください。

 

・生ワクチンを接種した後も4週間待たずにインフルエンザワクチンを接種できるようになります。

 今までは、生ワクチンを接種したためにインフルエンザワクチンの接種が遅れることがありました。ルール変更後は、生ワクチンのためにインフルエンザワクチンの時期を調節する必要がなくなるため、接種時期の自由度が広がるでしょう。

 

 当院では、ワクチン接種の後に次接種するワクチンの種類と時期のご案内を行っております。ワクチンスケジュールについてもご相談に乗っておりますのでお気軽にお尋ねください。

予防接種ページ

予約をご希望の方はこちら


◎当院では生後2ヶ月健診を無料で行っております。

また、当院では当院では小児科専門医による生後2ヶ月健診を無料で行っております。予防接種の時に一緒に行うことができます。育児相談など、お聞きになりたいことがございましたら、お気軽にご相談ください。

はじめての予防接種と生後2ヶ月健診