南新宿クリニック 耳鼻科・小児科

土日も診療。子育て中のお父さん、お母さんをも含めてサポートできる耳鼻科・小児科 南新宿クリニック。

アレルギー性鼻炎


 アレルギー性鼻炎は空気中の抗原が鼻腔から吸気とともに吸い込まれ、鼻の粘膜に付着してアレルギー反応を起こすために鼻を中心とした症状が現れる病気です。  
 抗原(アレルギーの原因)の代表的なものには、ハウスダスト(家庭のホコリで主な成分は家ダニ)です。  従って、家ダニを少なくするための注意は非常に重要です。  
 また、ハウスダスト以外の主要な抗原としては、小児の場合はカビの一種でアルテルナリアがありますが、これは草木に寄生するカビと言われています。春・秋に飛散することが多いとされています。

・ 症状

くしゃみ、鼻水、鼻づまり等が主な症状ですが、その他鼻の痒み、時に目の痒み等があり、小児の場合、鼻の痒みのため、鼻をこする、鼻をしかめる動作等は特徴的です。  また、鼻をよくこすり、鼻出血の原因になることも少なくありません。

・ 経過

 アレルギー性鼻炎は体質に根ざした慢性疾患で、持って生まれた体質(素因)と環境(抗原にさらされること)により、ある時期に発症に至ります。

・治療

  今日、対症療法として、種々の内服薬、鼻への噴霧薬等が開発されていますがいずれも病気自体を治すのではなく、その時点で症状を抑えるためのものであることを充分理解しなければなりません。(従って、中止すれば比較的短期間で症状は元に戻ります。)  
  しかし、アレルギー性鼻炎による症状はその程度によっては日常生活において、かなりの障害を伴うものであり、この症状を軽くしてやることは必要なことです。 従って、その治療も症状等に応じて適当なものを選択することが必要となりますし、治療を習慣づけることも、特に子供の場合は重要です。
  アレルゲン免疫療法(減感作療法)という比較的古くからある治療があります。抗原エキスを一定間隔(一般に週に1回)で注射し、徐々に注射量を増やし、抗原に対して過敏症を減らす治療法で、効果の発現に日数を要すること(多くは少なくとも2〜3ヶ月)、有効率が6〜7割である等の欠点がありますが、効果が現れた場合は数ヶ月持続すること、従って、注射間隔を数ヶ月に1回まで延ばすことも可能な点は大きな長所です。(スギ花粉症に対しては、皮下注射よりも負担の少ない舌下免疫療法がもうじき保険適応になるため、アレルギー科も標榜する当院ではいち早く取り組んでいきたいと考えております。)

花粉症・スギ花粉症に対する舌下免疫療法


  また、くしゃみ、鼻水には比較的薬物療法は反応しますが、一般的に難治性な症状は鼻閉であり、薬物療法やアレルゲン免疫療法で鼻閉が改善しない方に対しては手術的治療法が適応になることがあります。
アレルギー性鼻炎に対する下鼻甲介手術